八王子市、相模原市、茅ヶ崎市を中心に東京、神奈川で外壁塗装と屋根塗装をご検討中の方は、外壁塗装•屋根塗装専門店の塗装生活へお任せ下さい。

屋根塗装 施工の流れ

屋根の塗装工程

ライフ総建が行っている屋根塗装の工程をご説明いたします。

1、足場組立

asiba-yane

塗装作業をするための足場を組んでいきます。その後近隣にホコリや塗料が飛散しないようにネットを足場に張ります。

2、高圧洗浄

kouatulife12

高圧洗浄で、旧塗膜に付着している汚れやほこり、コケ、藻などを、100~150㎏/c㎡の強い圧力が出る洗浄機で洗い流すします。ここで高圧洗浄の意味としては、ほこりやコケなどを洗い流す事によって塗膜の密着性を高める為に行うものです。要するに、旧塗膜に付着している汚れや異物の上に新しい塗料を上から塗っても密着性が極端に低くなるため、塗膜の剥がれの原因になるからです。 この作業をしないで、塗料を塗った場合、早ければ1か月、半年で剥がれる場合があります。なので高圧洗浄は最も重要な作業になります。

3、下地処理(ケレン、棟板金ビス打ち、コーキング)

ケレン

kerennyane

下塗りする前に、棟板金部分をケレンします。古い塗料の除去及び塗る塗料の食いつきを良くすることが目的です。

棟板金ビス打ち

bisu12

棟板金ビス打ち=長年の劣化で棟板金の釘の浮いている事が多く、この釘が取れてしまいますと棟板金がとれてしまいます。そうなると大変ですので、塗装する前に屋根全体の点検を行いビスを増し打ちします。

コーキング

yanekokinn

上の写真のように劣化している場合は、棟板金の抑えやつなぎ目、コロニアルのひび割れ部分の隙間から雨水が浸入してしまいます。その雨水の浸入を避けるためにコーキング材を隙間に埋めていきます。

4、錆止め

sabi20

棟板金に、錆止め塗料を塗っていきます。

5、下塗り(1回目)

544sitanuri

下塗りは、下地との密着性をよくするためのに専用の塗料を塗っていきます。万が一吸い込みが激しい場合は、下塗りを2回塗ります。

6、タスペーサー取り付け

tasupesa

下塗りが乾燥してから、タスペーサーを差し込んでいきます。タスペーサーとは、屋根材と屋根材の隙間に差し込む部材です。仮にタスペーサーをいれず塗料を塗った場合、屋根材と屋根材の隙間を塗料で完全に塞いでしまいます。そうすると毛細管現象で水分が内部に浸入し雨水の逃げ道がなくなり、雨漏れの原因にもなってしまいます。そういった事を避けるためにタスペーサーで隙間を作ってあげ、水はけをよくするという役割になります。

7、中塗り(2回目)

naka1

中塗りは、仕上げ塗料の1回目の工程をいいます。刷毛とローラーで塗り分けていきます。

8、上塗り(3回目)

uwa512 kannse

上塗りは、仕上げ塗料の2回目塗って完成です。

yane-yuudou

トップページへ戻る 会社概要

tosou-seikatu-8tu-syoubanr-img tosou-tiebukuro-img

adogu-nitei-img

ninki-rankingu-yudou-img

sekouzirei

まずは無料診断を

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-569-889 受付時間 9:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)
http://tosou-seikatu.com

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフ総建 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.